周年記念イベントとは?企画の流れ・ポイントを事例付きで紹介!

2023.11.17
周年記念イベントとは?企画の流れ・ポイントを事例付きで紹介!

こんにちは!「人と企業を幸せにする文化づくり」をサポートしているCultiveです!

企業の創立記念を祝う周年イベントは、会社の節目を祝う大切な場・・・。
しかしそれだけでなく、社員のエンゲージメントをやチームワークを高めたり、
会社の理念を伝えてステークホルダーとの関係を強めたり、対外的にPRすることでブランド価値を高めたりと、
様々な効果を狙うこともできます!

そのためには、開催目的を事前に明確化し、それに合わせた企画を立てることが何より大事!

この記事では周年イベントの企画の立て方から、成功に導くためのポイントを成功事例付きでご紹介します。
周年イベントを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

周年イベントの企画案はこちら!

従業員も顧客も盛り上がる!心震える周年イベントの企画案

周年イベントとは?

企業の周年イベントとは、企業の設立やサービス開始などの記念日を祝うイベントです。
主に創業記念日や、5年、10年といった年数の節目で開催されることが多いです。

これまでの企業の歴史を振り返ったり、ビジョンやミッション、バリューを再確認したり、
未来に向けた新たな目標や展望を共有するなどさまざまです。

周年イベントの開催目的

周年イベントを開催する目的は、企業によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

メンバーや関係者への感謝を伝える

この節目を迎えられたことへの感謝を伝えることは、周年イベントの最も大切な目的だといえるでしょう。

日頃からお取引のあるステークホルダーに。日々、貢献してくれている社員に。
そして、いつも支えてくれているすべての関係者に向けて。

普段、言葉にして伝えることの少ない気持ちを届けられる日となるように、入念に企画を立てましょう。
そうすることで、それぞれとの関係も深まり、共に未来に向かっていく気持ちを強めることもできます。

イベント中のスピーチで伝えることはもちろんですが、オープニングムービーに想いを込めたり、
さまざまな関係者から感謝のコメントを集めたムービーを作ったり、空間装飾のコンセプトに盛り込んだり。
または、事前に送付する招待状の文面やデザインに感謝の想いを込めたり、閉会後に渡す記念品にメッセージ性を持たせたり。

想いを届けるためのアイデアは、イベント中だけでなく、さまざまな箇所に凝らしてみるのがおすすめです。
そうすることで、メッセージやコンセプトにも一貫性が生まれて、イベント自体の質も向上します。

当日のプログラムやアイテムだけでなく、告知媒体からゲストの帰り道まで想像してみて、
メッセージを込められるところがないか考えてみましょう。

インナーブランディングで理念への共感力アップ

企業理念ともなる会社のビジョンやミッション。
そして、描いた未来を実現するために行動指針として定められたバリュー。
これらには企業の魂とも呼ぶべき価値観が込められています。

全社的に集合するイベントであらためて伝えることで、メンバーの意識向上や
エンゲージメントが高まることが期待できます。

それだけでなく、外部ゲストに向けて伝えることで取引先とのより深い関係づくりも
期待できます。

事業成長を支えるのは、サポーターとも呼ばれるような企業の応援者たちです。
会社の価値観に共感し、率先的に行動してくれるような社員。
会社の描く未来や社会に共感し、共に成長したいと思ってくれるステークホルダー。

彼らとより鮮やかな未来を描けるように、自分たちが大切に思うことを共有してみましょう。

会社のストーリーを振り返りながら、創業期から不変であった価値観にスポットを当てる社史ムービー。
ビジョンやミッションを達成したときに描かれる明るい未来社会を語り合う、トークセッション。
バリューを体現した社員を表彰するアワードタイムなど。

周年記念という輝かしい日が、全員で共通の想いを強くした日ともなるように。
自社の理念や価値観に合わせてさまざまな企画を考えてみてください。

会社の想いを社会にプロモーションする

せっかく周年イベントを開催するなら、プロモーションとしての活用も視野に入れてみましょう。
イベント内で伝えたメッセージや理念、会社の目指す未来などを広報として活用できれば対外的な発信材料になります。

自社サイトのニュースで取り上げるだけでなく、採用候補者に向けた記事にしたり、
写真や映像を残しておいてPR映像を制作するなど、活用方法は何種類も考えられます。

その際には、参加者の笑顔などが収められるようなゲームコンテンツを用意したり、
企業ロゴが大きく入ったボードの前で集合写真などを撮るなど、
当日コンテンツや空間装飾とも連動して考えられると魅力的な広報素材を確保できます。

イベント内で伝えたいメッセージをまとめると同時に、対外的な活かし方も含めて、
さまざまな角度から検討することでイベント開催の充実度は格段にアップします。

周年イベント企画の手順とポイント

周年イベントを企画する際の手順やポイントをご紹介します。
企画や準備段階からアイデアを巡らせることがイベント成功への道!
参考にしながら自社らしい企画を考えてみてください!

イベントの概要を決める

周年イベントの開催日・時間・予算、そして参加者のレイヤーや人数などを決定します。
特に、外部ゲストなどがいるときはどの範囲まで招待するのかを早めに確認しましょう。
それによって会場へのアクセスや開催時間などの、配慮すべき点が明確になっていきます。

開催のコンセプトや伝えたいメッセージを明確にする

先に述べたように、周年イベントと一口に言ってもそこに込めたいメッセージはさまざまにあります。

理念を訴求してメンバーのモチベーションを向上したい。
社史やストーリーを振り返って若手のエンゲージメントを高めたい。
チーム制のエンタメコンテンツで、メンバー同士の交流を深めたい。
自社の魅力をステークホルダーにあらためて伝えたい。

イベントの概要を決めていくのと並行して、これらの「実現したい効果」も明確にしていきましょう。
そして、そのメッセージに合ったコンセプトやタイトルを決めるのもおすすめします。

担当者や上層部の中だけでメッセージが決まっていても、運営メンバーや関係者が増えるごとに
それは伝えにくくなり、意味も薄れてしまいがちです。誰もが一目見て理解できるようなタイトルなどがあると、
イベント開催の目的や各種制作物のイメージなども伝えやすくなり、ブレにくくなります。

運営メンバーが共通のイメージを持って企画を立てられることが、上質で満足度の高いイベントを開催する上での
重要なポイントとなります。

会場を決める

イベントの概要やコンセプトを決めながら会場も探しましょう。
交通アクセスのいい場所を選ぶのはもちろんですが、新幹線や飛行機を使う外部ゲストがいないかも確認しましょう。

参加人数や予算を照らし合わせて会場は探しますが、それに加えて、「イメージ通りのイベントが開催できるか」も
念頭に置いてみることをおすすめします。

メッセージやコンセプトに合わせて、イベント自体の雰囲気も変わってきます。
カジュアルにしたいか、高級感を出したいか、立食か着席か・・・。
作りたい雰囲気に合わせて会場を探してみてください。

また、音響や照明設備、プロジェクターの有無、テクニカルスタッフの利用料なども
合わせて確認するのをおすすめします。
会場によっては特殊効果が使用できなかったり、ステージ設備を借りると料金がかかることもあるので、
当日のコンテンツをイメージしながら情報を集めましょう。

プロジェクトチームを発足する

概要や会場が決まったら、当日のコンテンツやプログラムの企画、告知も含めた各種クリエイティブの
制作を始めます。
また、当日演出に合わせた会場との交渉や、ケータリング手配、スタッフ配置、広報用のカメラマン手配なども
忘れずに行いましょう。

これらのタスクを限られた人数ですべて行うのは非常に大変です。
社内チームを発足し、遅れないで進捗できるように進めましょう。
また、運営メンバーだけでなく、社内のデザイナーやイベント開催の経験者など、協力してくれる人を
増やしていけるように社内への発信も重要となります。

また、ステージ設備や演出機構などは、会場に相談しながら進めていきましょう。
ただ、主旨に合わせたステージ演出や適したBGM選び、映像制作などの専門的な領域は
会場側からもアドバイスはしてもらえません。イベント制作を専門としている会社などに
相談することも検討してみることをおすすめします。

 

\ 企業イベント専門のCultive /
提案と見積もりが知りたい!

周年イベント事例

周年イベントは、企業によってさまざまな形で開催されています。
それぞれの風土や文化、想いを込めて、メンバーやゲストとより強固な関係を結べるように
工夫を凝らしています。

ユナイテッドアローズの30周年イベント

アパレルブランドのユナイテッドアローズは、自社のブランドアイデンティティやカルチャーを振り返り、ファンや関係者とのコミュニケーションを深めることを目的として、下記の取り組みを実施しました。

  • 主力事業の「ユナイテッドアローズ」「ビューティ& ユース ユナイテッドアローズ」から、さまざまな30周年記念商品を販売。
  • Rizzoli社と共同で、ユナイテッドアローズの歴史や価値観を紹介する写真集「United Arrows」を制作し、世界各国で発売。
  • インスタグラムアカウント「UNITED ARROWS ARCHIVE」やポッドキャスト「OMOIDE」を開設し、過去のビジュアルやスタッフの思い出を公開。

崎陽軒の110周年イベント

シウマイで有名な崎陽軒では、110周年の企業周年イベントとして以下のような多くのイベントを実施し、企業として横浜の文化芸術の発展に寄与しました。

  • 企業プロモーションと社内交流を目的として、有志で集まった社員33名が横浜赤レンガ倉庫にてオリジナルダンスを披露。
  • 横浜名物のシウマイや、駅弁のシウマイ弁当で有名な崎陽軒について特集したピンポイントなムック本「崎陽軒Walker」を発売。
  • JR横浜線の開業110周年とのタイアップで、「JR横浜線開業110周年×崎陽軒創業110周年 記念弁当」を発売。

Cultiveの周年イベント事例

Cultiveではさまざまな企業様の周年イベントの実績がございます。

各企業様が掲げる理念やビジョンから深くヒアリングし、これから描く未来が少しでも鮮明に伝わるように。
ずべてのクライアント様にオリジナルの提案をさせていただき、その文化や価値観に最適なイベントとなるように
心がけています。

また、多種多様なムービー制作、オリジナル制作のデザインアイテム、空間装飾、テクニカルも含む当日運営、
イベントに必要なすべてを一社通貫で行うことで、担当者様と一緒に決めたコンセプトやメッセージがブレずに
ゲストに伝えられるようになっています。

想いを共有し、これから先の成長を願う。
Cultiveはそんな企業のパートナーでありたいと願っています。

株式会社シーユーシー様の全社総会をプロデュースさせていただきました!

まとめ

周年イベントは単なる記念日ではなく、企業の成長と進化を共有し、未来に向けた新たなステップを踏み出すための重要な機会です。
この記事で紹介した手順やポイントを参考に、「うちの会社らしい」と思える企画を考えてみてください。
皆様の周年イベントが、未来への一歩を踏み出すための、意義深い一日となることを願っております。

また、企画や運営にお困りの方はぜひCultiveまでご相談ください。
企画の提案から、心温まる当日の運営までCultiveがフルサポートいたします。

 

さらに詳しくCultiveの周年イベントプロデュースについて知りたい方はこちらをご覧ください!

\ 周年イベントの流れからポイントまで /

周年イベント依頼を検討する

 

この記事を書いた人

小名木 直子
小名木 直子

Producer

オリジナルウェディングのプロデューサーとして多くのイベント企画に携わる。小人数〜200人規模のイベントを得意とする。職場の中でどれだけ心が動く瞬間があるかで人生の幸福度が変わることを実感し、多くの人にCultiveのサービスが届くようWEBサイトの監修も担う。

  • プロジェクトマネジメント
  • 企画

お気軽にご相談ください

企画やご予算、期日でお悩みはありませんか?まずはお気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

企画やご予算、期日でお悩みはありませんか?まずはお気軽にご相談ください

企画・ご予算・期日などなんでもご相談ください